2019.03.16 Saturday 20:29

彫刻

 

先日、私がつくったこちらの作品2点をお買い上げいただきました。

どちらの作品も思い入れがあって工房に展示していたものですが、気に入っていただき、キャンドルとは違う意味の嬉しさで、胸がいっぱいになりました。

どちらも粘土からつくり、石膏で仕上げた作品で、あとのほうは蜜蝋の転写の技法も取り入れています。

少し寂しくなった工房を見渡しながら、新たな作品つくりにとりかかっています。

 

 

 

 

 


2019.03.05 Tuesday 19:12

制作

一昨年から制作していたキャンドルがやっとできました。

 

あるお店のオリジナルキャンドルをつくる仕事で、お店のイメージにあわせて試作を何度も繰り返してきました。

自分の作品として好きなようにつくるのと違って、注文はイメージをつかむのが難しく、こだわりがある店であればあるほど

OKがでるまでに時間がかかります。

途中で諦めたくもなるけれど、最後に喜んでもらったときは、心から良かったと思えます。

 

日々の雑事に追われて、どうしても集中できず、イライラがつのってしまうこともありますが、期待して待っていてくれる人がいるからこそ、どんなに気持ちが揺らいでも、やり通すことができるのだと思います。

一つ一つの仕事を丁寧にやっていくことを心がけながら、また次の仕事に取り組んでいきたいと思っています。

 


2019.02.20 Wednesday 10:49

身体のために

 

この年齢になると中性脂肪や血糖値は気になってきます。

野菜や果物を多くとり、バランスよく食べることには気をつけていますが、運動となると寒い時期には強い意志が必要です。

一日一回のウオーキングとできるだけ身体を動かすことを心がけています。

 

先日、たくさんのアスリートからも支持されている、フィジカルトレーナーの第一人者がかいた本を読みました。

自宅でも簡単にできる運動法が書かれています。

これまで近くの公民館でバトミントンをして足首を骨折したり、ジムで膝を痛めたりしてきましたが、間違った常識がかえってよくなかったことがわかります。

ストレスからの肩こり解消法などもかかれていて、さっそく実践しています。

寝つきもよくなり、睡眠の質もよくなった気がします。

看護師のかたにもいろいろアドバイスをいただきながら、自分の健康を一番に考えたいと思っています。


2019.02.17 Sunday 12:12

少しずつ

 

少しずつ気温が上がってきたせいか、庭のミモザの花が咲き始めました。

椿の花にはメジロが来ています。

春がだんだん近づいてくる気配を感じながら桜のランタンをつけてみました。

暖かいピンクの濃淡で浮かび上がってくる桜の花は一年を通して人気です。

 

 


2019.02.11 Monday 21:35

Club C FUKUOKA

 

WITH THE  STYLE FUKUOKA の Club C のパーティー終了しました。

 

 

 

 

シャンパンにシガーと食事、コーヒーとチョコレート、チーズ、クラシックと素敵なパーティーでした。

チョコレートのブースには博多チョコレートショップ3代目でフランス、マレ地区に Les Trois Chocolats をオープンした

佐野恵美子さんが来られていてお話を伺うこともできました。

 


2019.01.29 Tuesday 10:36

Club C FUKUOKA

  

 

世界最高基準の飲食文化を紹介するパーティーイベント「Club C FUKUOKA」が

2月10日(日) ホテル「WITH THE  STYLE FUKUOKA」(福岡市博多区博多駅南)で開かれます。

 

頭文字にCがつく、シャンパーニュ(Chammpagne)、コニャック(Cognac)、クラシックモルトウィスキー(Classic Molt Whisky)、カクテル(Cocktail)、チョコレート(Chocolate)、コーヒー(Coffee)、チーズ(Cheese)、シガー(Cigar)

の厳選品を同ホテルの特製料理とともに提供されます。

 

各ジャンルの第一人者を招いてのセミナーやトークショー、クラシック(Classic)音楽の生演奏もありますので、興味のあるかたぜひご参加ください。

 

「福博ツナグ文藝社」主催

お問合せは Bar Higuchiまで

電話:092-271-6070

詳しくはチケットぴあ(Pコード:641-670)

 

私もキャンドル(Candle)ということで少しお手伝いさせていただきます。

 

 

 

 


2019.01.28 Monday 15:02

ロウについて

 

ロウという素材は奥深いものです。

微妙な顔料や染料の温度や量の違いで様々な色や模様ができることがあります。

偶然にできた模様が面白くて実験するのも楽しみの一つです。

 

単に着色するというだけでなく、色で遊んでみるという捉え方はキャンドルつくりをもっと楽しくしてくれそうな気がします。

 

 

 

 

 

 


2019.01.26 Saturday 18:30

冷え込みました。

 

昨夜から糸島も冷え込んで、雪もちらつきはじめました。

朝から薪ストーブ全開です。

 

こんな日には暖かいぜんざいが食べたくなり、コトコト小豆を煮込みはじめ、昼食にはお腹の中でした。

もともと実家の母が甘党で、ぜんざいやおはぎをいつも手づくりしていましたが、ときどき甘いものがむしょうに食べたくなるのは、母と同じです。

 

 

 

 


2019.01.23 Wednesday 14:40

新年

 

新しい年になりました。

 

新年そうそう家の問題で、しばらくブログを書く気持ちになれませんでしたが、まわりの友人達の暖かい言葉に励まされ、今年も一つずつ仕事を頑張っていきます。

 

困難があっても、30年近く続けてきた仕事と工房を守り続けていきたいと思っています。


2018.12.28 Friday 14:09

年末

 

ときどき見ている、NHK BS「駅ピアノ」。

ヨーロッパやアメリカの駅に置かれた一台のピアノに定点カメラをおいて、ピアノを弾く旅行者や町の人達など、さまざまな人を撮影した番組です。

通りすがりにピアノの前に座り、思い思いの曲を弾く。

断片的な言葉の端々から、その人の人生が垣間見えて、つい見入ってしまいます。

どうしてその曲を選んだのか。

どんな思いでその曲を弾いているのか。

ナレーションの入らない画像はただ淡々と流れていくだけなのに、人生のドラマを見ているような気持ちになります。

 

昨日電車で出かけて、糸島の前原駅にピアノが置いてあることに気がつきました。

心地よい音色を奏でていたのは、女子高生のようでした。

ピアノの横には、「どなたでも自由にご利用いただけます」の文字。

わずかな時間でしたが、思わず足をとめて聞き入りました。

 

なにげないピアノの音がこんなに心地よく感じることに新鮮な驚きを感じています。

年末のあわただしさの中、心の中に少しのゆとりを持つことを大事にしていきたいと思った時間でした。

 

新年は5日(土)よりOPENします。

 

 

 

 


<<new | 1 / 20pages | old>>
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
MOBILE
LINK
RECOMMEND
SEARCH
OTHER

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.