2018.02.15 Thursday 09:53

色について

 

新作を作るとき、粘土でカタチをつくりながら、同時に色も考えていきます。

ワックス専用の顔料や染料を溶かしたロウに混ぜ、色を見ながら調整していきます。

 

中間色が好みなので、少なくとも3〜4色は混ぜてつくりますが、色によって発色に時間がかかるものもあるので、それも頭にいれて調合します。

顔料、染料もそれぞれに特徴があって、バランスよく使い分けることが必要です。

新作のため、春らしい鮮やかな色をつくっています。


2018.02.11 Sunday 12:49

冬季オリンピック

冬季オリンピックが開幕しました。

どんな競技でも、それぞれにドラマがあり、心に残るシーンがあって、どれだけ見ていても見飽きることがありません。

オリンピックは何があるかわからないと言われますが、メダルを期待されながら、獲得することができない選手、できる選手がいます。

オリンピックの舞台に立つまでの大変な努力があったとしても、運命の女神は誰に微笑むのか、誰にもわからない、予想のつかないドラマが、見る人の心に感動を与えます。

 

4年前のソチオリンピック、フィギュアスケート浅田真央選手のフリーの演技は今も忘れられないドラマの一つです。

ショートプログラムで16位と出遅れ、メダルは難しいと言われながら、フリーで最高の演技を見せてくれました。

ラフマニノフのピアノ協奏曲が叙情的で、流れるようにしなやかな美しい演技が感動的でした。

4分間の演技が終わった時には、涙があふれてとまりませんでした。

メダルはとれなかったけど、いつまでも記憶に残る演技でした。

 

どんな競技でも見るのは大好きで、夜中でも起きだしてみることがあります。

これから2週間オリンピックならではの感動を感じられるのが楽しみです。

 


2018.02.06 Tuesday 13:29

寒くなりました。

  • Author : creare
  • 0

     

    今朝は工房の周りも雪が積もり、道路が凍結しました。

    風の強い志摩地域では珍しいことです。

    この時期は外に出かけることも少なく、家にこもりがちですが、こういう時こそ自分の暮らしを見直してみるのもいいのかもしれません。

    以前から溝が少なくなって気になっていた車のタイヤを取り換え、面倒で炊飯ジャー任せにしてしまったお米炊きを土鍋に戻し、一日少しの時間でも本を読む時間をつくることにしました。

    本棚を整理や食器棚を整理し、展示のほうも春にむけて模様替えを考えています。

    キャンドル作りも、考えるだけでなく、とりあえず手を動かしてみる・・・やることは増えるばかりですが、一日一日大事にしたいと思っています。

     

    友人に勧められて2日で読んだ東野圭吾の「手紙」泣けました。

     


    2018.01.22 Monday 12:56

    教室のご案内

     

    久しぶりの教室のご案内です。

    2月3日(土)13:00〜15:00

    2月4日(日)13:00〜15:00

     

    こちらの和菓子のようなキャンドル(ピンクとグリーンのあわせて2個)をつくります。

    土曜、日曜のどちらか選んでいただいてお申込みください。

    講習料3000円+材料費500円です。


    2018.01.17 Wednesday 14:08

    父母のこと

    実家の父母が二人そろって弓道を始めて20年になります。

    母は足腰の強化のため、片道1時間近くかけて、自転車で往復していました。

    日々の練習は80歳を越える年齢には負担ではないかと心配しましたが、腕、胸、足腰の筋肉は、ゴムバンドでのトレーニングのかいもあって、硬く引き締まっています。

    父が日頃言うのは、人のお世話にならないよう、人のお世話をするように・・。という言葉で、85歳になった今も、弓道の傍ら自治会の仕事を引き受けてやっています。

     

    母は今年83歳になりますが、地道な努力が実り、5段の上の錬士という称号を持っています。

    後輩の練習を見てあげたりと、人の役にたっていることが生きがいになっているようです。

    苦労も多かったと思いますが、弱音をはかず、黙々と練習に励んでいる姿を見て、これからも上を目指して頑張ってもらいたいと心から願っています。

    共働きで、母は毎日仕事をしながら家事をこなし、子供達を育ててきました。

    頑固で我慢強く、怪我や骨折しても、体調を崩しても言わずに、こっそり病院に行きます。

    さすがに年齢を感じることが多くなりましたが、身体に気をつけて元気で過ごしてほしいと思っています。

     

     

     

     

     

     

     

     


    2018.01.08 Monday 09:32

    新年

     

    糸島の桜井神社に初詣したとき、お客様にばったりお会いして、お雛様のキャンドルの注文をいただきました。

    年が明けると限定で作っている春のキャンドルです。

     

    今週もまだ寒さが厳しくなりそうですが、窓から見える椿の花に今朝はメジロが来ていました。

    少しずつ近づいてくる春を心待ちにしながら、薪ストーブに手をかざしています。

     

     


    2018.01.03 Wednesday 14:03

    新年

     

    新しい年になりました。

    昨年末より実家に戻って両親との時間を過ごしてきました。

    30年、お盆、正月の墓参り以外、実家に戻らせてもらうことがほとんどなく、言葉にはださなくても両親はきっと寂しい思いをしていたと思います。

    弓道の指導をしたり、自治会のお世話をしたりと、80歳を過ぎた今も頑張っていて、まわりの人に迷惑をかけないよう、私に愚痴も言わない両親ですが、やはり年を感じるようになりました。

    今年は病気をしないよう、怪我をしないよう話しながら、私は両親のためになにができるのかあらためて考えました。

     

    今朝は朝から糸島、桜井神社に初詣に行ってきました。

    やはり自分の家に戻ってくると、ほっとします。

    糸島に工房をオープンして17年目、一日一日を大切にして、新しいことに挑戦し続けていくことが、次のステップへと繋がるのではないかと思います。

    今年もよろしくお願いします。

     

     

     


    2017.12.27 Wednesday 17:12

    年末のお知らせ

    クリスマスはたくさんのお客様に来ていただきました。

    特別なかたへのプレゼントにと、数あるものの中からキャンドルを選んでいただいたことは本当に嬉しいです。

    もらったかたが、あかりを灯してどんな表情をされるのか想像するとわくわくしてきます。

    今年もキャンドル作ることができてよかった・・・。

    本当にたくさんのかたに感謝の気持ちでいっぱいです。

     

     

     

     

     

     

     

     

     


    2017.12.06 Wednesday 12:17

    12月

    今年もあと1月足らずとなりました。

    ものを作る仕事は、外から見てどう見えるのか・・心のうちの葛藤をさらけ出すこともできず、今年ほど気持ちのモチベーションを維持していくことの難しさを感じた年はありませんでした。

    そんなとき、励まし勇気づけてくれるのは、友人達や、お客さまからの温かい言葉でした。

    どれだけ感謝しても感謝しきれないくらい心に沁みます・・。

     

    以前、ものをつくるというのは生き方だからね・・と言われたことがありますが、本当に、ただキャンドルをつくっているというだけではなく、それによって出会うこと、考えること、起こることすべてを自分で選択してやってきたのだと思います。

    これからもぶれることのないよう、軌道修正しながらやっていきたいと思います。

     

     

     

     


    2017.12.02 Saturday 17:00

    Candle Craft 2017

     

    今年も12月16日(土)〜25日(月)まで東京日本橋のギャラリー砂翁でキャンドルクラフト展が行われます。

    日本各地からキャンドル作家さんのオリジナルキャンドルが集まります。

    今回も頑張って私も出展しますので、ぜひ見に行ってください!

    11:00〜18:00(最終日16:00まで)

    会期中無休です。

     

    あわせて横島憲夫「あかりのカタチ」展も開催されます。

    横島さんは彫刻家でもあり、キャンドル作りの職人でもあります。

    トモスキャンドルクラフトを主宰される横島さんの教室で私はキャンドル作りを学びました。

    素晴らしい空間をお楽しみいただけると思うので、ぜひ見に行かれてはいかがでしょうか。

     

     


    <<new | 1 / 14pages | old>>
     
    CALENDAR
    NEW ENTRY
    ARCHIVES
    CATEGORY
    COMMENT
    PROFILE
    MOBILE
    LINK
    RECOMMEND
    SEARCH
    OTHER

    (C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.