2018.08.18 Saturday 12:16

2018夏 4大惑星ウオッチング

 

 

 

 

 

近くの志摩中央公園に移動式天文台「いとしま天文台」がきていることを知り、日が暮れて7時半ごろ行ってきました。

火星、木星、金星、土星の4つの惑星が同時に見られるのは珍しいそうで、現地で「いとしま星空ナビゲーター」のみなさんに説明してもらいながら、終始大興奮でした。

 

西の空にひときわ明るい星が金星で、肉眼ではわからなかったけれど、月と同じように満ち欠けがあるそうで、天体望遠鏡で見ると半月のように見えます。左に移っていくと、月の左下に木星が見え、周りには4つの衛星。が見えました。

左に移って南から南東の空には土星が見え、まわりの輪まで綺麗に見えて大興奮でした。

その左にはオレンジ色に輝く火星。

 

夏休みということもあって子供たちもたくさん来ていましたが、ナビゲーターのかたの、星にもそれぞれ個性があるんですよという言葉に、宇宙におもいをはせ、もっと月や星のことを知りたくなりました。

 

写真は月の写真。クレーターまで綺麗に見えます。クレーターには天文学者や科学者の名前がつけられているそうです。

日本人学者の名前もいくつもあるそうですよ。

 

 

http://poi.hoshinavi.net/

 

 

 


2018.08.17 Friday 10:38

PCの引っ越し

10年以上使っていたPCから大きな音がしだして、もう限界かも・・壊れるかもしれない・・と不安になり、中身が消えてしまう前に

と、あわてて電気屋さんに駆け込み、新しいPCに買い換えました。

お盆前から面倒くさいセットアップに苦労しています。

 

中身の引っ越しはまだ残っていますが、とりあえず必要なものから・・。

今はパソコンよりタブレットのほうが多いみたいですが、並べて見てみると、画像が本当に綺麗だし便利。

これから綺麗な写真をブログでアップしていけるよう頑張ります!

 

 

 


2018.07.27 Friday 10:46

peace nippon

 

現在、Tジョイ博多で、日本全国の絶景を撮影した映画「peace nippon」上映されています。

日本の四季と精神を迫力ある映像で追った2時間の映画で、その圧倒的な美しさに心が洗われる思いでした。

 

日本人は昔から、地震や豪雨など災害に耐えてきたからこそ、自然を恐れ、崇拝しながら、自然とともに暮らしてきたのだということを深く感じます。

万物に神が宿るという宗教観は、こうした日本人の精神から来ているのかもしれません。

今のこの時代だからこそ、日本人であることを誇りに思い、日本の自然と精神を大事に守っていきたいと強く感じる映画でした。

 

まだまだ私の知らない日本がたくさんあります。

日本の精神に触れる旅にでたくなりました。

 

福岡県内では4か所で上映されています。ぜひ映画館で見てほしい映画です。

peacenippon.jp/ 

 

 


2018.07.22 Sunday 18:06

ミュージカル

1991年にブロードウェイで初演されたミュージカル、シークレットガーデン日本版を見てきました。

ミュージカルはほとんど行ったことがなかったのですが、石丸幹二、花總まりさんなどの実力派スターは歌も踊りも素晴らしく、4時間近くが、あっという間に過ぎていき、ミュージカルに対して偏った見方をしていた自分を反省しました。

とくに子役の池田葵さんは、これからどんな女優さんになるのか楽しみです。

オーディションで選ばれた人たちのレベルの高い素晴らしい舞台を見て、ミュージカルに俄然興味がわいてきました。

 

コンサートやお芝居は、なかなか行けないけれど、どうしても見たいときは頑張って奮発します。

自分への投資などと言い訳しながらチケットを買うけれど、いいものは、それ以上の感動と刺激をもらうことが多いです。

舞台美術や照明などは、それだけで迫力が増し、圧倒されます。大きな立体の絵を見ているようです。

 

秋はいいコンサートやお芝居が多くなります。

また行くことができるよう、お仕事頑張らねば・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2018.07.07 Saturday 17:28

bbb haus

 

糸島の海辺にゲストハウス、bbb haus がオープンしました。

全5室のゲストルームですが、目の前に広がる海と空、波の音を聞きながら、極上の贅沢空間と美味しい食事を堪能できます。

テレビのない部屋で、時間に追われる日々を忘れ、五感を研ぎ澄ませてみるのも最高の贅沢かもしれません。

いつか泊まってみたい!

 

昨日は、永山マキさんとイシイタカユキさんの音楽ユニット、iima(イーマ)のミニコンサートもあり、永山さんの清涼感あふれる澄んだ歌声が 、bbb haus の空気感とぴったり合って、しばらく時間を忘れるほどでした。

 

 

 

 

bbb haus

www.bbbhaus.com

 

 

 

 

 

 


2018.07.04 Wednesday 19:08

田鎖幹夫展

 

今日は午後から田鎖幹夫さんの個展に行ってきました。

喧騒から少し離れた、落ち着いた雰囲気の画廊で、背筋がピンとなるような大人の空間でした。

とてもお洒落で、存在感のある素敵な作品が展示されています。

 

7月21日(土)まで

open 12:00〜18:00  close sun/mon

 

お問合せ:アートプロガラ 092-738-0655

 

 

 

 

 


2018.06.23 Saturday 14:33

梅雨の花

 

雨が続くと外にでるのもおっくうになります。

家の中から外をじっと見ていると、プランターには、爽やかな紫のアガパンサスの花が咲いていました。

株分けして増やそうと、3つのプランターに分けていたのですが、窮屈な状態から開放されて、思い切り根っこを広げて、長い茎をぐんぐん伸ばし、初めて花を咲かせました。

挿し木で大きくした、十二単という品種の紫陽花とともに、梅雨の間に少しの清涼感を感じることができる花です。


2018.06.05 Tuesday 17:13

梅雨入り

 

ものづくりの仕事は、日常生活とのメリハリのつけかたが一番の悩みです。

私の場合、自宅と工房が同じで、作業場が、台所の隣なので、どうしてもメリハリがつけにくく、台所と作業場を行ったり来たりという状態になることもあります。

制作にとりかかるまでの構想を練ったり、スケッチしたり、自分の中で、イメージをつくりあげるまでの一人で考える時間、粘土にしてから、型をとりロウにしていくまでの作業する時間は集中して、没頭できる時間にしたいと思うのですが、自宅と工房が一緒では、難しいことが多いし、身近な人でさえ理解してもらうのは難しいことがあります。

精神的にも、常にスイッチが入った状態でありながら、いつも不安がつきまといます。

モチベーションをあげるために、気持ちを奮い起こしながら、自分とむきあう日々です。

 

今日は朝から雨・・・

なんとか型どりまでたどり着きたいと思っていましたが、もう夕飯の支度にとりかかる時間です。

気持ちがプツンと途切れ、今日の空の色のようです。

 

 


2018.05.17 Thursday 11:21

大宰府

 

昨日は大宰府天満宮で行われている、フィンランド 夏の気配展を見てきました。

フィンランドとつながりの深い二人のアーティストの陶芸と写真という二つの表現での展示会で、マリメッコのデザイナーだった、石本藤雄さんの実のかたちをモチーフにした大皿や立体作品は斬新で刺激的でした。

とくにその色彩の豊かさは、北欧ならではの独特のものではないかと思います。

陶芸という手段で、こんなに素晴らしい表現ができるなんて、いろんな可能性が追求できるんだとモチベーション上がりましたョ!

 

 

 

 

津田直さんの写真は、単なる風景ではなく、樹木や新芽など、自然に対する写真家の眼差しを体感できる作品ばかりでした。

とくに大宰府天満宮の文書館という空間のなかで、いろんな視線から作品を見ることができるよう展示されていて、これまでにない写真展でした。

 

 

 

大宰府、フィンランド 夏の気配。2018.5.12〜7.1

石本藤雄 陶展  実のかたち  宝物殿企画展展示室

津田直 写真展  辺つ方の休息 文書館

 

 

 

 


2018.05.14 Monday 19:57

古代エンドウ豆

古代エジプトのツタンカーメンの墓から発見されたと言われている、古代エンドウ豆のツタンカーメン。

数年前に糸島の友人に豆をもらったので、乾燥させ、植え付けしたら、今年もたくさんできました。

 

 

普通のエンドウ豆と違って、さやの色が濃い紫で、花の色もエンドウ豆が白いのに対して、ツタンカーメンの花は紫です。

開けてみると、実はグリーンで、インゲン豆と一緒です。

 

これで豆ごはんをすると、炊き立ては普通の色なんですが、一晩保温しておくと、赤飯のように色が赤くなっています。

味は普通の豆ごはんです。不思議ですね。

 

 

 


<<new | 1 / 6pages | old>>
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
MOBILE
LINK
RECOMMEND
SEARCH
OTHER

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.