2017.08.23 Wednesday 10:01

出会い

 

先日、以前にもご紹介したNPO法人はあーとスペース代表の山本美也子さんに依頼されていた、フリーペーパー「tomos」次号のキャンドルを納品しました。

その前にご主人と一緒に来てくださって、お話しする機会があったのですが、お二人の温かい人柄に感動して写真を撮らせていただきました。

 

ご主人の山本浩之氏は車いすマラソンのアスリートとして世界で活躍されていて、北京、ロンドン、リオネジャネイロのパラリンピックに出場されています。

 

tomosに掲載していただいたキャンドルの写真は、本ができたときにブログで紹介させていただきます。

 

 

 

 

 


2017.07.28 Friday 23:15

ひょうたん島公園のひまわり

 

昨日、猛暑の中、佐賀県のひょうたん島公園のひまわりを見てきました。

今年は開花が遅くてまだ三分咲きくらいだったけど、背丈ほどのひまわりの25万本の群落は圧巻です。

8月5日(土)、6日(日)はひまわりまつりが行われ、期間中、はさみの貸し出しも行っていて、ひまわりの摘み取りをして持ち帰ることもできるそうです。

 

一斉に太陽のほうを向いて咲き誇るひまわりのなかで、たまにあまのじゃくなひまわりが反対をむいていたり・・。

それぞれに表情があって面白いです。

 

 

 

背丈ほどのひまわりの中を歩いていると、昔みたイタリア映画の「ひまわり」を思い出しました。

戦争で引き裂かれた夫をソフィア・ローレン演じる主人公がロシアまで探し求めて行く、せつない映画ですが、画面いっぱいのひまわりの花と、ヘンリー・マンシーニの音楽は胸に残ります。

涙で目をはらしながら見た映画です。

 

 

 

 

ひまわり園の横ではこんな綺麗な蓮の花もみられます。

 


2017.07.24 Monday 11:18

夏の収穫

毎日暑い日が続きます。

毎朝、畑や植木鉢に水やりをするだけで30分。汗だくです。

家のまわりは花や野菜との区別がつかなくなるほど雑草がのび、ひと月に一回は草刈り機が必要になります。

夏になると、もっと涼しくて虫のいないところに行きたいと思うけれど、雨が降るごとに大きく実る野菜は愛おしく思います。

今年もグリーンカーテンで家の西側にゴーヤを植えました。

鈴なりにできたミニトマトはアイコという品種で、実が厚く甘みがあります。

辛い青唐辛子とオクラも植えました。

暑い夏は、こんな夏野菜を小さく切って調味酢につけて、冷やしていただくと、食欲増進です。

お気に入りは大川市の酢つくり300年という蔵元、庄分酢の「美味酢」。

酢の物嫌いの主人が毎日食べてくれます。ちりめんじゃこやすりごまをたっぷり入れると、まろやかになります!

 

 

 

 

 


2017.07.16 Sunday 17:39

日々の暮らし

 

今年は枇杷が豊作で、初めてジャムをつくってみました。

キャンドルのほうも納品までの時間が迫っていて、イライラすることが多かったけれど、どうして糸島の暮らしを選んだのかという、自分の気持ちの原点にもどって、食べることには手を抜かないようにしようと思っています。

出来上がったジャムは差し上げたかたには結構評判が良くて、実をとったあとの種もホワイトリカーに漬けて、半年後を楽しみにしています。

今日、近くの農園にジャム用に頼んでいたブルーベリー3キロが届きました。(今年は少なめです)

明日は早起きしてブルーベリージャム作りです。

 

 

 

 

 

 

こちらは今朝、つくってみた苔玉です。

工房内も少し夏らしく涼しげに飾ってみました。

 

 


2017.07.03 Monday 10:49

浦さんの畑

糸島在住の浦美鈴さんは、その細い身体からは想像できないほどパワフルで素敵な女性です。

広大な畑や田んぼで毎日忙しく農作業をしていますが、手間をかけて野菜をつくることの大切さと、それを美味しくいただくことを教えていただきました。

ふかふかの土は、乳酸菌、納豆菌、酵母菌を培養した液体と米糠ぼかしを入れてつくっていきます。

それでできた野菜は大きくて、美味しくて、先日いただいた、かぼちゃは、甘くて、ほくほくでした。

実は浦さんは野菜ソムリエの資格も持っていて、野菜や果物の知識だけでなく、レシピや食べ方も教えてくれます。

以前、浦さんのお米で作ったおにぎりや料理をいただいたことがありますが、新たな発見がたくさんありました。

自分で野菜を作ってみたい!というかたのために、桜井に体験農園もあるので、ぜひご連絡ください!

 

浦さん   090-4982-3371

 

 


2017.06.30 Friday 12:00

梅雨のひと休み

梅雨の間にグリーンカーテンのため植えたゴーヤがぐんぐん伸びてきました。

今日は蒸し暑いけれど、青空が広がっています。

私の誕生月の花でもある紫陽花、この八重は十二ひとえという種類で、一輪切っていただいた花を挿し木して大きくしたものです。

今年も友人に挿し木の花や種をいただいたので、梅雨のあいだに地植えする予定。来年の春、花がいっぱいに咲くのが楽しみです。

このところ不眠症が続いていたので、ガーデニングは気分転換になります。

 

昨年から注文いただいているキャンドルと、急ぎの注文キャンドル、今日、注文していた材料も届いて、またエンジン全開にしないといけないのですが・・・。

ものをつくる仕事、創作する仕事は始めも終わりもない仕事。女性は家事をやりながら、理解を得る努力をしないとなりません。

そんなことを考えているとまた眠れなくなるので、気を取り直して・・・。

 

先日、野菜やお米をつくっている友人のところでいただいたかぼちゃを紹介します。

オレンジのかぼちゃが、赤ずきんちゃん、ラグビーボールのような形がロロン、後ろが、えびすです。

 

 

 

 

 


2017.06.26 Monday 19:26

人生フルーツ

先月、友人に勧められて見た「人生フルーツ」。

ある建築家夫婦のドキュメンタリー映画で、90歳の夫と87歳の妻の暮らしを淡々とカメラで捉えたものでした。

とても新鮮で、心に残る映画でした。

日々の暮らしを丁寧に、年を重ねていくことが、生きる豊かさであり、手間ひまかけた一つ一つの積み重ねの暮らしの中にこそ美しさがあるのではないか。

必要以上の欲を持たずに、自分の暮らしを楽しむことが、豊かさにつながるのではと、日ごろ時間に追われるばかりの自分を振り返り、あらためて見直す時間がもてました。

 

 

 


2017.04.06 Thursday 15:17

匠のつどい

 

一昨日、17回目になる霧島酒造とFM福岡主催による「匠のつどい〜meets of meister〜」が行われ、参加してきました。

12年前、番組「匠の蔵」で取材していただいてからご縁があり、招待いただいていました。

今回の場所は昨年の地震の傷跡が残る熊本。

ホテルから熊本城までは歩いて20分ほど。その途中にある古い町家が立ち並ぶ新町・古町地区には友人も住んでいて被災しています。

 

昨日、ホテルから歩いて熊本城まで行ってみましたが、一年たっても多くの家屋がまだ倒壊の恐れがあり、危険のシールが貼られていたり、ブルーシートがかけられた家もたくさんありました。

熊本城は映像で何度も見ましたが、想像以上の崩落で心が痛みます。

それでも、置かれた石垣の一つ一つに番号が書いてあり、復旧をめざす熊本のかたたちの気持ちが伝わってきました。

友人もご主人がくまもと新町・古町復興プロジェクトの代表をしていて頑張っています。

14日で地震発生から丸1年、決して忘れることなく心に刻んでおきたいと思います。

 

匠のつどいのほうは、これまで「匠の蔵」に出演された、九州在住のものつくりを極めた方々、レストランや旅館、ホテルの方々など、私も名前だけはよく知っている有名なかたが列席されていて、お話しすることもできずにいましたが、好奇心だけは旺盛で、陶芸家の方など、どんなおもいでものつくりをされているんだろうと、どうしても聞いてみたいというかたには、自分からお話し伺いしに席をたちました。

私のテーブルの隣の席は霧島酒造の専務さんで、その隣は熊本ホテルキャッスル社長、博報堂支社長と緊張しっぱなしでしたが、まったく違う分野のかたと身近にお話しできる場に参加できる機会をいただいて、とても有意義な時間を過ごすことができました。

 

「匠の蔵」は昨年までラジオで放送されてきましたが、昨年10月よりテレビ放送を開始しました。

毎週日曜21:54〜22:00 テレビ西日本

毎週土曜19:00〜19:15 FM FUKUOKA

番組ホームページで過去の放送を見ることもできます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2017.03.31 Friday 10:23

のーてぃす

 

まだ私がキャンドルを始めて5年、小倉で教室をやっていた頃、小倉でpeer space ノーティスという器のギャラリーのオーナー、神保明美さんという素敵な女性に出会いました。

いつも明るい笑顔で、やさしく周りを包み込む、神保さんのまわりにはいつもたくさんの人が集まってきました。

実は大変なご苦労をされていたのですが、そんなことを感じさせない、暖かい人です。

 

2004年に10年続いたのーてぃすを今の木屋瀬に移されたのですが、私が小倉に行く機会が増えたことで、本当に久しぶりに神保さんにお会いし、お昼をご一緒させていただきました。

 

木屋瀬は旧長崎街道の宿場町で、築100年をこえる町家が今もたくさん保存されています。

その一つをカフェギャラリーのーてぃすとして大事に使っていて、二人のスタッフが手間ひまかけてつくった身体にいいこだわりの料理をだしてくれます。

昔ながらの建築の良さを活かした、ゆっくりできるスペースになっているので、ぜひ足を運んでみてください。

なによりピアスペースという名のとおり、澄んだ空気を感じられる場所です。

この日はひじきの煮物、ごま豆腐、大根の一夜漬け、酢もの、おから、豆乳汁にケーキとアイスクリームのデザートにコーヒーでした。

 

帰りの遠賀川の河川敷は菜の花で黄色に染まっていました!

 

 

北九州市八幡西区木屋瀬4-11-5

(093)617-9977

のーてぃす

 

 

 

 

 

 

 


2017.03.19 Sunday 16:26

Modern Jazz Live

 

昨夜は久しぶりに一人で春吉のニューコンボにモダンジャズライブを見にでかけました。

お酒や食事しながら、身近に音を感じられる空間の中、素晴らしい演奏で日々の喧騒を忘れて、ゆっくりした極上の時間を楽しむことができました。

昨夜のライブはelectric birds orchestra という4人のメンバーで、ミシェル・カミロ、メトロ、アルディ・メオラの曲を中心にしたものでした。

 

メンバーのキーボード担当の田中ひとみさんはキャンドルを通じて知り合い、以前から親しくさせていただいています。

彼女は、ライブ活動の他、ピアノやボーカルのおとなのための音楽教室ペニーレインを主宰、ミュージカル劇団九州アクターズクラブの舞台音楽も担当していて、才能あふれる女性。

多忙の中、詩をつくったり、ボランティア活動をしたりと意欲的で、そのお人柄からか、まわりにはたくさんの人が集まってくる。

そして天は二物を与えずとはいうけれど、ひとみさんは女の私が見てもうっとりするほどの美女!

初めてブルーノートで演奏している姿を見たとき、なんて絵になるひとだろうと思ったほど。

 

来月4月16日(日)中洲のGate's7でライブがあります。

おすすめです。ぜひ・・・。

OPEN16:00/START17:00   前売り¥3000   当日¥3500(別途要1ドリンク代¥500)

(092)283−0577

 

 

また彼女のボランティア活動「音楽のおもてなし」が特別養護老人ホーム白熊園内しろくまホールにて

ヴァイオリニストの河野麻理恵さんと一緒に行われます。

いつもはナビゲーターをされていますが、今回はひとみさんのピアノも聞けるそうで、楽しみです。

入場無料 全席自由

お問合せ 社会福祉法人白熊会 (092)831−8521

 

 

 

 

 

 

 


<<new | 1 / 4pages | old>>
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
MOBILE
LINK
RECOMMEND
SEARCH
OTHER

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.