2017.10.16 Monday 15:42

紅葉のランタン

 

ひと雨ごとに肌寒くなってきました。

先日までは暑い日が続いて、展示会の会場でもずっとクーラーが入っていましたが、この数日寒くなり、慌てて長袖の上着をだしました。衣替えの時期ですね。

 

この時期、気候が良いので、たくさんの展示会のご案内をいただいています。

いまは、博多阪急7階リビングフロアで、松山でお世話になった3ta2galleryさんの「風景のあるくらし」展が行われていて、5人の陶器やガラス、布小物の作家さんの作品が展示されています。

暮らしを感じられる、ぬくもりのある作品でした!

明日午後7時までです。

 

私も今月末の展示会にむけて準備中です。

糸島の雷山千如寺の大楓は樹齢400年といわれ、福岡県の天然記念物に指定されていますが、四季折々に美しく色を変える紅葉をモチーフにランタンをつくりました。

 

 

 

 

 


2017.10.12 Thursday 21:41

終了しました。

 

松山堂さんでの展示会が終了しました。

本当にたくさんのかたに来ていただいてありがとうございました!

今回、佐賀の陶芸家、山下寛兼さんとご一緒させていただいて、とても勉強になりました。

一度、気持ちをリセットして、新たな展開を考えていきたいと思っています。

今回のテーマは「月と灯り」。

月の満ち欠けのようにとけていくかたちをキャンドルで表現してみました。

 

 


2017.09.29 Friday 14:39

Tomo2017秋号

NPO法人はあーとスペースのフリーペーパーTomosの秋号が送ってきました。

代表の山本美也子さんのお母様の手作りのブルーのバラのリースにあわせてキャンドルを作ってほしいというリクエストにお答えして、作ったものです。

二羽の蝶を見ながら、亡くなった二人が見守っているよう・・・ととても喜んでくださいました。

 

 

 


2017.09.23 Saturday 11:11

展示会のお知らせ

 

福岡に住んでいるとき、近くで、とてもお世話になったギャラリーで、久しぶりに展示会をさせていただきます。

 

まだ工房を持たないころ、昼間外での仕事や建築図面のトレースの内職をして、夜中にキャンドルの仕事をしていました。

マンションのひと部屋をキャンドル専用にして、畳にビニールシートをひいて、窓を開け、高宮通りを走る様々な車の音や、駅の電車の音を聞きながら、ひたすらキャンドルを作っていました。

眠い目をこすりながら明け方まで作っていたころが思い出されます。

どんなに大変でも、作ることが楽しくて仕方がなかった、かけだしの頃の、とても懐かしい思い出の場所です。

 

 

 

 

 

 

 


2017.08.31 Thursday 11:06

蜻蛉のランタン

朝夕、少しずつ涼しさを感じるようになり、秋らしくなってきました。

キャンドル制作作業も随分やりやすくなって、来月の展示会にむけてモチベーションあげていかなければなりません。

久しぶりに福岡市内での展示会なので、DM出来次第お知らせします。

 

教室のお問合せもいただいていますが、展示会のあと初級講座を予定しています。

従来の一回一回みんなで同じものを作っていくというやり方ではなく、基本の技法を覚えていただいて、自分でオリジナルを考えていくというレッスンです。

初級講座を受講していただいたあとは、型作りのレッスンまで考えています。

日にち、時間等をまたお知らせします。

 

 

先日、工房で、先日赤とんぼがとまっているのをみました。

7月頃成虫になったとんぼは山に上がり、涼しくなってから低地に降りてくるのだそうです。

この頃に雄のとんぼが赤くなるのだとか。

工房で見たとんぼは黄色がかった色だったので、雌だったのかもしれません。

生き物も植物も、自然は面白いことだらけです。

秋の気配を感じながら作ったとんぼのランタンはこの時期定番です。

 

 

 

 


2017.07.31 Monday 17:12

蓮の花のキャンドル

毎年、この時期になると注文いただくのが蓮のキャンドルです。

6月には取り掛かっていたのですが、なかなかうまくいかず、作っては壊すという繰り返しばかり。

というのも今度のキャンドルは最初から花びらの外型を石膏型で作って、ろうを流し込んでみようと思っていたので、石膏型を作るのが大変でした。

今日はやっと試作が完成してほっとしたところです。

 

 

 


2017.06.23 Friday 16:13

交差

今年もウィスキートークと日にちが重なって、ぎりぎりまで制作に追われていましたが、やっとキャンドル展に送ることができました。

型どりが大変だったキャンドル「交差」

 

 


2017.06.07 Wednesday 20:19

キャンドルクラフトコンテスト2017

6月20日(火)から6月27日(火)までトモスキャンドルクラフトによるキャンドルクラフトコンテストが開催されます。

会場は東京、日本橋のギャラリー砂翁です。

 

申し込みは トモスキャンドルクラフト

      103-0023   東京都中央区日本橋本町1-3-1 渡辺ビルBF

           tel: 03-3246-1630      fax: 03-3246-6070

                   craft@tomoscandle.co.jp

                   www.tomoscandle.co.jp

 

私はこちらでキャンドルの勉強をさせていただき、コンテストやキャンドル展に出展することで切磋琢磨しながら頑張ってきました。

今年も期限間近になり、焦りながらも頑張って出展する予定です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2017.06.04 Sunday 09:56

tomos創刊

トラックや自動販売機、テレビのCMでも飲酒運転撲滅を訴えるこのステッカーを目にされたかたも多いのではないでしょうか。

2011年、山本寛大(かんた)さんとその友人の二人の高校生が飲酒運転で亡くなり、その直後から、お母さんの山本美也子さんは、メディアへの出演、イベント、800回をこえる講演活動を通じて飲酒運転撲滅を訴えてこられました。

私も先週、免許更新したばかりですが、飲酒運転はまだまだ減っていないという話がありました。

気持ちを引き締めて、免許証を持つことの責任を重く受け止めたいと思っています。

 

山本美也子さんとの出会いは、もうすぐ寛大さんの7回忌という頃、キャンドルをお礼に差し上げたいと工房を訪ねてくださったことでした。

明るい笑顔の素敵な女性でしたが、飲酒運転で息子さんを亡くされた深い悲しみと、同じ思いをする人達をなくしていきたいという強い意志を感じました。

 

NPO法人はあーとスペース代表として活動されている山本さんが、もっと幅広く思いを伝えていくために、飲酒運転をなくすための企業の活動などを紹介している「tomos」というフリーペーパーを発行されました。

その創刊号に桜のランタンが掲載されています。

ぬくもりを感じるその写真はご主人が撮ったものだと聞きました。

工房にもフリーペーパーをおいています。

 

 

heart-space.net/

 

 


2017.05.18 Thursday 09:08

ウィスキートーク福岡2017

今年も年に一度のウィスキーの祭典、ウイスキートーク福岡が開催されます。

ウイスキーについてのセミナーや音楽も楽しめる、ウイスキーに興味のあるかたにはぜひお勧めしたいイベントです。

会場でスコッチウィスキーのラベルに使っていただいた「祈り」もウィスキーと一緒に展示します!

 

 

 

2017年6月18日(日)12:00〜18:00

電気ビル共創館4階みらいホールと3階カンファレンス

 

入場料おひとり様3,500円(当日4,500円)

チケットはe+(イープラス)、チケットぴあ、ろうそく工房クレアーレでも取り扱っています。(327-3532)

 


<<new | 1 / 7pages | old>>
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
MOBILE
LINK
RECOMMEND
SEARCH
OTHER

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.