2018.01.17 Wednesday 14:08

父母のこと

実家の父母が二人そろって弓道を始めて20年になります。

母は足腰の強化のため、片道1時間近くかけて、自転車で往復していました。

日々の練習は80歳を越える年齢には負担ではないかと心配しましたが、腕、胸、足腰の筋肉は、ゴムバンドでのトレーニングのかいもあって、硬く引き締まっています。

父が日頃言うのは、人のお世話にならないよう、人のお世話をするように・・。という言葉で、85歳になった今も、弓道の傍ら自治会の仕事を引き受けてやっています。

 

母は今年83歳になりますが、地道な努力が実り、5段の上の錬士という称号を持っています。

後輩の練習を見てあげたりと、人の役にたっていることが生きがいになっているようです。

苦労も多かったと思いますが、弱音をはかず、黙々と練習に励んでいる姿を見て、これからも上を目指して頑張ってもらいたいと心から願っています。

共働きで、母は毎日仕事をしながら家事をこなし、子供達を育ててきました。

頑固で我慢強く、怪我や骨折しても、体調を崩しても言わずに、こっそり病院に行きます。

さすがに年齢を感じることが多くなりましたが、身体に気をつけて元気で過ごしてほしいと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 


Comment:
2018/01/20 11:23 PM, B-heart wrote:
素晴らしい❗
2018/01/22 12:48 PM, クレアーレ wrote:
まゆみさん、ありがとうございます!
今頃になって親のありがたみがわかるようになりました。
長生きしてほしいです!
Add a comment:









 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
MOBILE
LINK
RECOMMEND
SEARCH
OTHER

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.