2018.05.10 Thursday 16:33

5月

 

最近読んだ「90歳何がめでたい」ユーモアいっぱいで、最高に笑えるエッセーです。

著者の佐藤愛子さんの、歯に衣着せぬ物言いが痛快で、壮絶な人生をのりこえてきた佐藤さんの、執着のない、だけど一本筋の通った生き方が、いさぎよさを感じさせてくれます。

 

日頃、ぐずぐずと悩むことが多い私には、喝をいれられような気分です。

 

枕元には友人から借りた本が積みあげられています。

寝る前の30分、毎日本を読むのが日課になりました。

 


Comment:
Add a comment:









 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
MOBILE
LINK
RECOMMEND
SEARCH
OTHER

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.